お絵かき講座

クリスタからprocreate(プロクリエイト)に変えてみて半年たったのでオススメブラシとか設定とかもろもろ紹介

こんにちはビアーです。

最初に紹介したプロクリエイト記事から ⇨前回の記事

だいぶ経って描き方も変わってきたので、またオススメブラシ紹介していきます。

1 線画ペン

カリグラフィ⇨製図ペン

最近まで前回使っていたゲシンスキーブラシを使っていたのですが、

普段カラーイラストばかり描くので塗りと雰囲気を合わせるために製図ペンに変えてみました。上の画像のように比べると

ゲシンスキーよりジャギジャギ感が抑えられていて、滑らかな質感になります。モノクロ絵とか落書きだとゲシンスキーの方がガシガシかける感じがお気に入りです。

製図ペンを選択した状態でもう一度タッチ⇨パスの境界線を描く⇨ストリームライン

そして最近気付いたのですが…

プロクリエイトにも手ぶれ補正機能があるらしく、このストリームラインのゲージを上げると…

このようにブレブレの線がきれいに補助してくれます!いままで知らなかったのが悲しい😢

さらにこのレンダリングモードというのをグレーズ(ライト)にすると、筆圧の強弱が出やすくなります。

iPad で描くとどうしてもペンタブよりもツルツル滑って思うように線が引けないストレスが出てきますが、この機能等のおかげで大分軽減できると思います!

2 塗りブラシ

塗りブラシに関しては、実は前回紹介していた竹ブラシ、今は全く使っておりません…。最近は硬い適当な硬いブラシで描き込み⇨指マークのタブから(前回紹介したカスタムフレスコ画)でぼかすの繰り返しです。

3実際に使って描いてみる。

メイキング録画したので載せてみます。

下書きもペン入れも先程設定した製図ペンを使っています。

塗りの陰影は無設定の線画ペンで影を置き、設定したフレスコ画でぼかしています。

詳しくはまた今度記事にしようかと思います。

ABOUT ME
ビアー
NL,BL,百合なんでもいけるオタクです。 服と絵が好き。2020年からプロクリエイト始めました。